女性に知って欲しい病気

病院

どんな病気なのか

子宮頸がんは女性特有の病気です。その名の通り子宮頸部に出来るがんで、子宮がんの7割にも上ります。最近では特に若い世代に多く、20代から30代の女性に急増しています。子宮頸がんはヒトパピローマウィルスと言うウィルスの感染が原因だという事が特定されています。このウィルスは性交渉を経験した事のある女性の実に80%が感染すると言われています。感染したからといってすぐに子宮頸がんが発症する訳ではありませんが、逆に多くの女性が発症する可能性を持っているとも言えます。子宮頸がんまで進行してしまうと命を落とす危険もありますし、手術や治療によっては妊娠・出産の機会が奪われる事もある怖い病気です。しかし、原因が特定されている事で予防や早期発見が出来るがんでもあります。

初期症状と予防法

子宮頸がんは初期症状が殆どありません。ある程度進行すると生理時以外の不正出血や性交渉時の痛み、おりものの変化などが起こりますが、自覚するのは難しいものです。これを早期発見・予防するには定期検診が最も有効です。子宮頸がんは2年に1回程度の検診が推奨されています。検診は内診もあるため抵抗のある方も多いかもしれませんが、非常に簡単で痛みも少ないです。乳がん検診と共に多くの自治体が年齢別に無料検診を行っていたり、補助金を出したりしていますので上手に活用してみましょう。また、ワクチン接種も予防法の1つです。こちらも大きな効果が期待出来る事から公費の補助を受けられるようになりました。ただしワクチン接種に関しては、副作用の問題もあるため見解が分かれています。また、ワクチンで全てのウィルスが予防出来るわけではなく、定期検診と併せて行う必要があるため注意が必要です。このように子宮頸がんは女性にとって怖い病気ではありますが、進行が遅いため検診やワクチンで早期発見が出来る病気なのです。正しい知識を持って、しっかりと予防していきましょう。