女性に知って欲しい病気

病院

子宮頸がんは女性特有の病気で、最近では若い世代に急増しています。初期症状が殆どないため自覚しにくいですが、性交渉を経験した女性であれば誰でも可能性があります。しかし進行も遅く、ウィルス感染という原因も特定されているため定期検診やワクチンで早期発見が出来ます。正しい知識を持ってしっかり予防しましょう。

女性のためのクリニック

病棟

日本人の死因TOPである恐ろしいガンは、専門医院での速やかな治療が重要となります。そこで高い評判となっているのが、免疫細胞療法をメインに行なっている池袋クリニックです。池袋クリニックは、治療から検査まで様々な段階のガン対策に役立ってくれます。

脳卒中の予防

看護師

脳梗塞や脳出血などの脳卒中は、がんや心筋梗塞と並び日本人の死亡原因では上位にある病気です。京都の病院では、脳卒中予防のための脳ドック検査を実施しています。脳ドック検査では、脳の状態を検査するMRIや血管の状態を知るMRA検査などを行い、病気になるのを予防するようにしています。

全身に移る疾患

医者

自分の体内にある細胞が異常を起こして変異し、周囲の細胞を蝕んでいく疾患は癌として広く知られています。癌は血液やリンパ液に乗って全身に転移していく特性があることもよく知られていますが、実は転移には癌が起こる部位によって違いがあります。基本的に進行して癌細胞が肥大化すると全身への転移が起こりますが、乳癌においては初期の段階でも転移が起こることが分かっています。また、前立腺やすい臓のような発見が遅れやすい臓器の癌も、転移して症状が進行してから発覚するケースが多いです。このように、転移を起こしやすい部位については特に注意して癌の知識を深め、異常を感じたら早めに医療機関を受診するように心がけることが必要です。

癌が全身に転移する前に発見し、スムーズに治療を進めるためには、症状の違いをしっかりと理解することがまず必要です。その上で、定期的な健康診断に加えてより詳しく癌のリスクを調べられる検査を受けることが役立ちます。特に子宮・乳癌は女性に特有の疾患で、転移しやすい上に発見が遅れがちなため、定期的に検診を受けるようにしましょう。デリケートな部位の検査では、総合病院ではなく女性専用のクリニックを選ぶなど、女性に配慮が行き届いた医院を事前に調べておきましょう。精密検査は疾患の疑いがある人のみが受けるイメージがありますが、実際は予防や病気の知識を深めるきっかけにもなります。通常の健康診断に加え、定期的に精密検査を受けることが予防、早期発見・治療に繋がります。